So-net無料ブログ作成

シロハラが旅立ちました [シロハラ]

みなさん、こんにちは。
まあ、飽きもせずに、シロハラ観察しているなあ・・と呆れておられることと思います^^。
今朝、庭を見ましたが、どうやら無事に旅立ったようです。シロハラがいた時には、この周辺では、
他のシロハラの鳴き声も聞こえていましたが、今日はウグイスの鳴き声だけ・・・。ちょっと寂しくはありますが、
昨年とほぼ同じ時期に旅立ったので、安心しました。今日は動画を2つ準備したので、ご覧ください。

1つ目はこの前と同様、お食事の模様です。


今回の動画はシロハラが後ろ向きでしたので、地面を予想以上に深く掘っているのがわかります。
忙しそうです。旅立ちの準備なのでしょうね。

シロハラは昨年の春に旅立つ前の夜の3時くらいに何羽も鳴きあっているのを聞きました。
私の空耳だろうか??不思議に思ったものでした。

その夜、ふと、the Beatles の歌を思い出していました。

<Blackbird by the Beatles>

♪Blackbird singing in the dead of night  Take these broken wings and learn to fly  All your life  You were only waiting for this moment to arise Blackbird singing in the dead of night  Take these sunken eyes and learn to see  All your life  You were only waiting for this moment to be free   Blackbird fly, Blackbird fly into the light of the dark black night ♪

物悲しいけど私の大好きな歌の一つ。ポールの歌声、最高^^。私はビートルズ世代ではないのですが、
かなり聞いたり歌ったりしてきました。

さて、話題をシロハラに戻します^^。
今回は以前アメリカで買った西海岸付近の野鳥図鑑でツグミ科を調べてみました。
ツグミの中でも特に13cmくらいのSwaison's Trushという鳥は夜中にお互いに鳴き交わし合いながら 渡るのだと書かれていました。シロハラよりも姿形はかなり小さめですが、体の色合いもそっくり・・・。

もしかしたら、シロハラも夜のうちに飛ぶのかしら???という疑問がわいてきたので、wikiで調べてみましたが、な~んだ、これくらいしか載ってないんだとがっかりでした。

それならと、アメリカのwikiでSwaison's Trushを調べてみました。シロハラについては日本のwikiと似たりよったりの情報量でしたが、リンク先をたどってみたら、Swaison's Thrushの行動について、面白いことが書かれていました。

この小さなツグミを研究者が調べた結果、渡りをする時に脳の半分と片目を使って飛ぶこと、残り半分の脳は眠った状態、目もつぶった状態で夜に渡ると書かれていました。(それにしても、どうやって調べたのじゃ?)

昼間は地面に隠れて餌を食べ、天敵から身を守り、夜暗くなってから飛び立つのだそうです。このSwaison's Thrush は小さな鳥でありながら、何週間もかかって渡りを終えることができるのも、脳と目の使い方に理由があるとのことでした。

そしてまた、これはカモ科の鳥も同様だと書かれていました。
驚きました。(もしかしたら、知らなかったのは私だけ?)

今朝はもうシロハラはいませんでしたし、残念ながら、昨夜は私は熟睡していて、夜にシロハラの鳴き声を聞くことができませんでしたが、もしかしたら、シロハラもアメリカのこのちっちゃなツグミと同様に、脳の半分と片目を使って、互いに鳴きあいながら、夜中に群れで渡っているのかもしれません。

そう考えると、シロハラがいなくなった寂しさよりも、何だか元気をもらったようで、とても爽やかな気分です。


次の動画は昨日、餌を食べ終わった後に、ヤマモモの木にとまって休憩していたので、写しました。
少し画像が粗いのですが、今年の春の最後の様子です。宜しければ、ご覧ください。民家の庭にいるため、
車の雑音やら夜の街灯など邪魔でしょうに、10月から4月まで、よく滞在できたなと思います。



シロハラさん、頑張って無事に帰りついてね~^^。
今年は気候がおかしいから、大変だけどね。
家族を増やして、また秋に戻ってこれるといいね。

再会(中国語)^^[晴れ][黒ハート]


**********************
おまけ写真

前回の記事で紹介した猫の顔の写真がわかりづらいとBaldhead1010さんからご指摘を受けました。
前の写真よりも少しはわかりやすいのがありましたので、どうぞご覧ください^^。
onsencat.png

「ブスカワ?失礼な・・・」
**********************
長~い記事にお付き合い下さいまして、どうもありがとうございました<m(__)m>。
ああ、シロハラさん、いないと思うと、ちょっと寂しいです。
毎日姿を見ていたから、親心がつきました。
nice!(28)  コメント(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 28

コメント 28

斗夢

最後の猫の写真を見て、思わず笑ってしまいました^・^。
by 斗夢 (2010-04-16 17:50) 

sweet_grass2006

> 斗夢さん
こんばんは。
先日、孟宗汁を作りました。どうもお味噌のせいか、それともタケノコが孟宗竹じゃなかったせいか、ちょっとコクが足りない気がしました。いつか現地で味わってみたいです。
この猫、ブスカワです(^▽^;)。なかなかフレンドリーでしたよ。
by sweet_grass2006 (2010-04-16 18:29) 

green_blue_sky

鼻がない猫に見えます(^▽^;)
シロハラさんは出発したんだ。また戻ってきてほしいですね~
by green_blue_sky (2010-04-16 19:43) 

kaika-t

こんばんは。^^
>Swaison's Trushという鳥は夜中にお互いに鳴き交わし合いながら渡るのだと書かれていました。
そうなのですね。^^
>渡りをする時に脳の半分と片目を使って飛ぶこと、残り半分の脳は眠った状態、目もつぶった状態で夜に渡る
本当にどうやって調べたんでしょうね(笑)。
>ヤマモモの木にとまって休憩
可愛らしいですね。*^^*
by kaika-t (2010-04-16 20:36) 

sweet_grass2006

>green_blue_skyさん
こんばんは。ピザを作れました♪♪
この猫ちゃんのお顔、可愛かったです。猫の柄って猫それぞれで、
見ていて飽きませんでした^^。
シロハラさん、いなくなって、ちょっと寂しいです。
秋にまたきてくれると嬉しいです。

>kaika-tさん
こんばんは。
鳥は可愛いと思っていましたが、素晴らしい本能を持っているのですね。
お疲れになったら、シロハラ動画を覗いてやって下さい^^。

◆かずのこさん、ゆきぽんさん、moroqさん、PENGUINGさん
こんばんは。
ご訪問とNice!をどうもありがとうございます。
by sweet_grass2006 (2010-04-16 22:28) 

まっちゃん

確かイルカも片方の脳ずつ寝るんでしたよね。どちらか起きていないと溺れてしまうから。
もし人間がそんなんだったら、24時間働かされてしまいそうですね。(^^;)
by まっちゃん (2010-04-16 22:59) 

sweet_grass2006

>まっちゃんさん
こんばんは。
そうでしたね、イルカも片方ずつ使うんでした。
人間はイルカと同じ哺乳類ですが(^▽^;)、ちゃんと寝ましょう。

>flutistさん
こんばんは。
ご訪問とnice!をどうもありがとうございます。
by sweet_grass2006 (2010-04-16 23:21) 

あお

長い空の旅、大変ですよね
この季節、私は映画の
「WATARIDORI」を思い出してます
ご覧になりましたか?
by あお (2010-04-17 01:34) 

Baldhead1010

ぶす?^^
いえいえ、山の神様が喜ぶ顔と言ってやってください^^;
by Baldhead1010 (2010-04-17 05:41) 

sweet_grass2006

◆シンシンさん
こんにちは。
ご訪問とniceをどうもありがとうございます。

>あおさん
こんにちは。
映画「WATARIDORI」を私は映画館で見て、その後DVDを買いました。
つくづく長旅の間には、いろんな悪条件に遭遇して大変なんだと
思いました。また近々見てみることにしますね。どうもありがとうございます。

>Baldhead1010さん
こんにちは。
そうですね。山神様に一番近いご尊顔かもしれませんね(^▽^;)。
by sweet_grass2006 (2010-04-17 11:54) 

多夢

去年はキジバトで今年はシロハラ日記ですね。
by 多夢 (2010-04-17 18:12) 

スミッチ

片方ずつ休めばずっと飛んでられるのでしょうかね
餌を探して地面を掘ってる姿は面白いですよね
by スミッチ (2010-04-17 22:16) 

sweet_grass2006

>多夢さん
こんばんは。
は~い、そうなんですよ(^^)v。キジバトとシロハラの相性もよいですし、
もし、また遊びにきてくれたら、再開するかもしれません。

>スミッチさん。
こんばんは。
今頃、シロハラさんはどのあたりを飛んでいるのだろうか?と考えてしまいます。元気で無事に到着してほしいです。
旅立つ数日前から、地面を掘る速度が速くなって、驚いてみていました。
必死でエネルギー補給をしていたのでしょうね^^。
by sweet_grass2006 (2010-04-17 22:33) 

ChatBleu

シロハラさん、元気で旅をしているのでしょうね。
Wikiはボランティアで書かれているので、どうしても記事が薄いものがあったり、時には間違った記載もあります。
by ChatBleu (2010-04-18 00:10) 

sweet_grass2006

>ChatBleuさん
こんにちは。
シロハラさん、今どのあたりかな~なんて、考えてしまいます^^;。
ちょっと親心がついたみたいです。
wikiは信ぴょう性の薄いものもありますね。

今回の記事で渡り鳥が夜に飛翔するというのを知ったのは、wikiからリンクされていた、アメリカの大学の神経生物学者の研究結果に基づいたものです。

記事が長すぎたので、詳細は省略しましたけど、7羽のSwaison's Thrushを大きなケージに捕獲し、脳に電極を埋め込み、渡りの時期に人工的な日の出と日の入りを体験させ、脳や目の動きを観察した結果です。

渡り鳥の多くは日中の暑さをしのぐために仮眠し、夜も脳の半分を使って渡るそうで、鳥によっては24時間飛翔つづけるものもいるそうです。

◆こぎんさん、wing_14さん
こんにちは。
ご訪問とnice!をどうもありがとうございます。
by sweet_grass2006 (2010-04-18 12:51) 

通りすがり

お久しぶりです。シロハラの知られざる生態、とても興味をもちました。
確かにウィキペディアの正確性はまちまちですが、そこでリンクされている記事はそれなりに信頼性が高い可能性があると思っています。ウィキもその限界を知りつつ上手に活用するのが賢明かと。
by 通りすがり (2010-04-18 13:01) 

sweet_grass2006

>通りすがりさん
こんにちは。
ご無沙汰しています。
いつもは日本語のウィキを活用していますが、今回は本家のアメリカの
ウィキへ飛んで検索しました。鳥類専門の学者さんの研究結果などにたどりつけて新しい発見ができ、嬉しかったです。調べるのは楽しいです。

北極圏中心に野生生物の撮影をなさっている写真家の知り合いがいるので、渡り鳥のことを、今度、お尋ねしてみようと思っています。
by sweet_grass2006 (2010-04-18 14:37) 

okko

お名残おしいですね。来年の再会を楽しみにしましょう。
ビートルズのその歌は、大好きです。
見れば見るほど、迫力のあるニャンコちゃん!
by okko (2010-04-18 16:08) 

mimimomo

こんばんは^^
留守中のご訪問ありがとうございました♪
by mimimomo (2010-04-18 18:33) 

sweet_grass2006

>okkoさん
こんばんは。
シロハラの旅立ちの時期になると、何となくこの歌を思い出します。
このニャん子ちゃん、見かけよりも小柄です^^。

◆よっちゃんさん、yuki999さん
こんばんは。ご訪問とnice!をどうもありがとうございます。

>mimimomoさん
こんばんは。
お帰りなさい^^。
アイスランドの噴火が続いていて、ヨーロッパの空港は閉鎖されていると
思っていたのですが、、、どちらの空港からお帰りに?
by sweet_grass2006 (2010-04-18 21:29) 

ふぢた

ネコの写真、大爆笑してしまいました。
しぶい!
by ふぢた (2010-04-18 21:50) 

sweet_grass2006

>ふぢたさん
こんばんは。
山神様がお与えになったご尊顔です(^▽^;)。拝むとご利益があるかも
・・・です^^;。なかなかフレンドリーでしたよ。

◆のぶりんさん
初めまして。
ご訪問とnice!をどうもありがとうございます。
by sweet_grass2006 (2010-04-18 22:12) 

sweet_grass2006

>ぴーすけ君さん
こんにちは。
ご訪問とnice!をどうもありがとうございます。
by sweet_grass2006 (2010-04-19 15:35) 

吉之輔

お早うさんです。この辺りではシロハラは殆ど見掛けませんね。
ツグミは昔よく見掛けた者ですが、我が家の近くは何故か小鳥が
少ないのですよ、カラスばかり増えて。この近くは農村部も乱開発が
多いのでその為かもね。     猫ちゃん迫力有る面構えですよ。
ご訪問&有り難いコメント感謝です。また此からも宜しく願います。

by 吉之輔 (2010-04-21 10:39) 

sweet_grass2006

> 吉之輔さん
こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
このあたりでも、新しく住宅建設が始まった頃は、しばらくの間、鳥も寄り付きませんでしたが、最近はようやく戻ってきたようです。
カラスの数はこちらでも半端な数ではありません。ゴミだしの日にはカラスも餌を狙っていて、ウォーキング途中でカラスがピザを食べているのを目撃しました^^;。カラスはとても賢いので、生きる術を知っているのでしょうね。
これ以上増えてほしくありませんけど。
by sweet_grass2006 (2010-04-21 12:55) 

青い鳥

夫の実家の庭にいたシロハラも旅立ったようです。
寂しいけれど、来年の再会を楽しみに待ちましょう。
無事目的地に着きますように。
by 青い鳥 (2010-04-27 00:33) 

sweet_grass2006

>青い鳥さん
こんにちは。
渡り鳥関連の本を読みましたけど、自然保護区付近が開発されたりで、
あまり野生生物にはよい環境でなくなってきている場所があり、残念です。
最近中国からの光化学スモッグもこちらに来ています。
近頃複雑な気分です。
シロハラの群れが旅立った後に、痩せたおっとりしたシロハラが庭にやってきて、鳴いていました。何らかの理由で渡れなかったか、後発の集団で渡る予定なのか不明です。鳥の世界も厳しいのかもしれません。
by sweet_grass2006 (2010-04-27 23:23) 

sweet_grass2006

◆ミモザさん、seraさん
こんばんは。
ご訪問とnice!をどうもありがとうございます。
by sweet_grass2006 (2010-05-04 22:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。